精密測定ゲージ・特注測定ゲージ・検査治具・検査ゲージなどを専門的に取扱う株式会社ファムの情報サイト

nqa. ISO 9001 Registred

L 型形状を持つゲージの高精度設計のポイント

L 型形状を持つゲージの高精度設計のポイント

Before

L 型ゲージの設計・製作において治具の軽量化を図るために、肉厚を薄くし使用材料を必要最小限に留めた設計を行っているケースがあります。薄肉の治具・ゲージは、加工精度が出しにくくなり加工コストが高くなってしまうことと共に、精度の安定性、耐久性が悪くなってしまいます。

コストダウン事例

After

薄肉形状を避け、肉厚を厚くしたり、補強用のC 面を設けることで精度の安定、耐久性向上を実現できる。軽量化のためには肉抜き形状の設計とすることで対応が可能。 検証部分に関わらない部分の厚みを厚くし、補強のためのC 面を設けることで安定した精度を確保し、耐久性を高めることが可能になります。軽量化が必要な場合は、板厚を薄くせずに肉抜き形状を追加した設計にすることで、精度が安定したまま軽量化を実現することができます。
薄肉のゲージ・治具部品は精度が安定しにくく、耐久性に難があるというデメリットがあります。L 型ゲージのようにゲージの一部分が検証部分となるようなゲージの場合、薄肉形状を避けて設計することで安定した、耐久性の高い高精度ゲージを製作することができます。また軽量化が必要な部分は肉抜き形状とすることで対応が可能です。

▲TOPへ