精密測定ゲージ・特注測定ゲージ・検査治具・検査ゲージなどを専門的に取扱う株式会社ファムの情報サイト

nqa. ISO 9001 Registred

突き出し部を持つゲージの高精度設計のポイント

突き出し部を持つゲージの高精度設計のポイント

Before

精密ゲージの設計において、ベースの上に高精度の突き出し部が必要な際、ベースの端に突き出 し部を配置して設計されているケースがあります。このような形状になると、突き出し部の根元 周りに、突き出し部を支えるための肉が不足し、精度が不安定になりやすくなってしまいます。

コストダウン事例

After

突き出し部の周りにスペースを設けるこ とで、精度を安定させたまま製作するこ とができる。 精密ゲージの設計において、高精度が必要な突き出し部の周りには、精度が安定するように十分 な肉を設けることがポイントです。突き出し部は出来る限りベースの端には配置せずに、スペー スを設けることで高精度を維持して製作することが出来ます。またゲージの長寿命化にもつなが ります。
精密ゲージにおいて、ベースの上に高精度部品を配置する場合、その配置をどこにするかに よってゲージの精度が変わってしまいます。ベースの端等に配置すると精度が不安定になっ てしまうため、できるだけベースの端部は避け、肉を少し残してスペースを設けた上に突き 出し部を配置することで精度向上につながります。

▲TOPへ