精密測定ゲージ・特注測定ゲージ・検査治具・検査ゲージなどを専門的に取扱う株式会社ファムの情報サイト

nqa. ISO 9001 Registred

異形状を持つゲージの高精度設計のポイント

異形状を持つゲージの高精度設計のポイント

Before

精密測定ゲージにおける、ワイヤーカット放電加工機での仕上げ加工では、精度安定のために保持代が必要となります。

保持代は、精密測定ゲージの図面寸法外にあるためワイヤーカット放電加工機での加工後、別の工程で取り除くため、余分な加工時間が掛り、製作コストに影響を与えることになります。

コストダウン事例

After

精密測定ゲージをワイヤーカット放電加工機で加工する際は、検証上、使用上に、問題がなければ、保持代を喰らい込ませることにより、精度を安定させたまま、精密測定ゲージとして使用することが可能になります。保持代を削除する加工工程も減りコストダウンにつながります。

▲TOPへ