精密測定ゲージ・特注測定ゲージ・検査治具・検査ゲージなどを専門的に取扱う株式会社ファムの情報サイト

nqa. ISO 9001 Registred

別体構造化によるゲージ設計のポイント(加工工数削減)

別体構造化によるゲージ設計のポイント(加工工数削減)

Before

材料からの削り出しで 加工していくと、加工時 間が長く掛かり、また精 度の維持の難易度が高 くなる。

別体構造化によるゲージの加工工数削減方法

精密ゲージを一体構造で製作する場合、材料からの削り出しで加工していくと加工時間の増加や、 加工難易度の上昇など製作コストが増大してしまいます。特に上記のような形状は精度を保った まま加工していくことが困難で、製作コストにも大きく影響されます。

 

コストダウン事例

After

別体構造による部品の 分割、組み込みにより、 一体物のゲージよりも 高精度なゲージを製作 することができる。

別体構造化によるゲージの加工工数削減方法の提案

精密ゲージの用途・仕様上、別体構造化が可能ならば、精度部分を分割して加工することにより 安定した精度と大幅な加工時間短縮効果を得ることができます。部品点数は一体物と比較すると 増えるものの各単体部品で精度保証が可能となるため、精度向上とコストダウンにつながります。

一般的に製作する部品点数が増えると、工程が増え製作コストが高くなると思われがちです。 そのため別体構造が検討されることは少なくなりますが、ゲージ形状によっては別体構造と した方が、精度向上、製作コスト低減に大きな効果を出すことができます。

▲TOPへ