精密測定ゲージ・特注測定ゲージ・検査治具・検査ゲージなどを専門的に取扱う株式会社ファムの情報サイト

nqa. ISO 9001 Registred

止まり溝形状を持つゲージの高精度設計のポイント-2

止まり溝形状を持つゲージの高精度設計のポイント-2

Before

検査ゲージの製作においては加工精度を安定させることがまず第一に重要ですが、上図のように公差範囲がある止まり形状の細い溝加工を行う場合は刃物の逃げ等が発生し易くなり、精度を安定させることが難しくなります。その結果、検査ゲージの製作コストが高くなってしまいます。

コストダウン事例

After

表面を掘り込む溝形状を持ったゲージの場合、溝が止まり形状になっていると刃物の逃げ等により精度が安定しない。掘り込み形状から貫通形状に変更することでワイヤーカット加工が可能になり、精度を安定させたゲージ製作が可能になる。 一般に刃物を用いて加工を行うと刃物の逃げが発生し、精度がばらついてしまいます。特に掘り込み形状は深さ等が大きくなると刃物が安定しなくなるため、精密ゲージ製作の要求精度を満たせなくなることがあります。上記例のような貫通穴に変更するとワイヤーカット加工が可能になるため、刃物の逃げ等を考慮する必要がなくなり安定した高精度加工が可能となります。
一般に検証用ゲージを設計製作する際には、実際に必要な検証部分のみに高精度の加工を行うことでコストダウンとなります。しかし上記の事例のような場合であれば、止まりのある溝形状から、通しの溝形状とすることで加工の選択肢を増やすことができ、精度を向上させることができます。また製作コストも下げることが可能です。

▲TOPへ