精密測定ゲージ・特注測定ゲージ・検査治具・検査ゲージなどを専門的に取扱う株式会社ファムの情報サイト

nqa. ISO 9001 Registred

ゲージ設計における普通公差について

ゲージ設計における普通公差について

ゲージ設計製作のみならず、普通公差は設計業務において非常に重要な事項です。
特に精密ゲージの設計においては検証部に非常に高い加工精度が求められますが、実際のゲージ設計において、本来検証を行う上で必要の無い部分にも高精度の設計指示があり、加工コストが高くなってしまっているケースが多くあります。

普通公差のことをよく理解した上で、適切な公差指示を行うことで ゲージの納期短縮、精度向上、製作コストダウンを実現できます。

長さ寸法に対する許容差

※鋳造品やパンチングマシン、レーザー加工機、曲げ加工機など、他の加工による許容差は別に規定されます。

▲TOPへ